[今すぐできる!]デスクワークしているときに疲れない方法3選!

7割で生きる

こんにちは。

タクヤです。

普段は働いたり、ニートをしながら「7割くらいの力で生きていこうよ!」という気持ちで生きています。

さて、今回は以前ツイートした内容を深堀りします。

ツイートした内容がこちら↓

私は作業するのが苦手です。
できれば集中して早く終わらせたいのですが、なかなか集中できずに悩んでいました。

今日は集中して作業できる方法を3つご紹介します。

先に結論をお伝えすると、下記の3つです。

  • 大音量で音楽を聴きながらやる
  • SNSを遮断して作業する
  • 制限時間を決める

の3つです。

では、早速本題へ!

大音量で音楽を聴きながらやるのが最も効果的!

作業をしても疲れない方法は、

「大音量で音楽を聴きながらやること」です。

なぜ、疲れないのでしょうか?

それは「余計なことを考えなくなるから」です。

音楽聴きながら歩いたらそんなに疲れないよねって話!

皆さんは歩くながら音楽を聞くことがありますか?

私はよく歩きながら音楽を聞くのですが、

音楽を聴いている日とそうでない日を比べてみました。

そうすると、音楽を聴いている日の方がそうでない日と比べて疲れなかったのです。

理由としては下記の3つが考えられます。

  1. 歩いてる時間の退屈を埋めてくれる
  2. 音楽を聴くことがテンションが上がり、ドーパミンが出る
  3. 周りの音が聞こえづらくなり、歩いている意識が弱まる

特に、好きな音楽を聴いているとテンションが上がりますよね。

音楽が好きでない人は音声コンテンツを聴くのもアリだと思います。

聴く時は歌詞を理解できない音楽がオススメ!

音楽を聴く時は、

「歌詞の理解できない音楽を聴く」

ことをオススメします。

それはなぜか?

「歌詞が分かるとそっちに意識が持っていかれるから」

です。

私も好きなアーティストの音楽を聴いたりしていたのですが、聴いているうちに口ずさんでしまいました。

結果、全く集中することができませんでした。

むしろ、時間かかったかもしれないです…

私のオススメとしては

  • 洋楽
  • EDM
  • Youtubeにある作業系BGM

です。

特に、Spotifyを使って作業するのがオススメです。

今なら”3ヶ月無料”で使うことができます。

しかも、SpotifyならランダムにEDMをかけたり、すきな音楽を聴けますのでぜひ活用してみて下さい!

大音量で作業しても疲れる場合は?

もしかすると、このブログを読んで、

「実際に作業してみたけど、大音量で音楽を聴いて作業してもいつもと同様に疲れた。」

と感じる方もいるかもしれません。

その場合は下記を確認していただきたいです。

  • アイデアを出すなどの創造的なことをしていないか
  • 耳が痛くなるくらいの音量で聴いていないか
  • スピーカーで聴いていないか

の3つです。

「アイデアを出すなどの創造的なことをしていないか」

アイデアを出すなどの創造的なことをする時には向いていません。

むしろ、アイデアを出そうとするほどうまく行かないです。

「耳が痛くなるくらいの音量で聴いていないか」

音量が大きすぎるとかえって集中できなくなります。

目安としては人に話かけられた時に音は聞こえるけど、何を話しているかは分からない。

くらいがちょうどいいです。

「スピーカーで聴いていないか」

スピーカーで聴くと、周りの音もよく聴こえてしまうので、イヤホンを着用をして聴くと良いです。

最近はAirPods Proなどの音質の良いBluetoothイヤホンがありますので、それを使って聴くのがオススメです。

先日、AirPods Proを友だちにプレゼントしたのですが、とても使いやすいと大好評でした!

SNSを遮断して作業する

作業をしても疲れない方法として効果的なのが、「SNSを遮断して作業する」ことです。

SNSを遮断するだけで無駄な通知に目が行かなくなり、集中しやすくなります。

逆にSNSの通知を気にしていると下記のことが起こります。

  • SNSを見ることで大幅な時間ロスに
  • SNSで気分が左右され、パフォーマンスが下がる

それぞれ解説します。

SNSを見ることで大幅な時間ロスに

SNSを見ながら作業をするのは時間ロスになるだけでなく、集中力も散漫し、余計に疲れてしまうのでオススメできません。

1つに絞ってやる方が疲れないですし、かえって早くタスクを終わらせることができます!

SNSで気分が左右され、パフォーマンスが下がる

SNSはいろんな内容を発信している人がいます。

お役立ち情報もあれば、ただ愚痴をネット上に流し込んでいる人も。

人間は感情に左右される生き物なので、SNSで見た内容によって嬉しくも悲しくもなります。

気分がされる内容は人それぞれですが、下記の内容には注意した方が良いでしょう。

  • 誰かの自殺情報
  • 犯罪情報
  • リア充な様子が見受けられる画像

どれも観ていて気持ちが良いものではないです。

「リア充な様子が見受けられる画像」

は一見、気持ちが良いものに移りますが、

“私は周りと比べて充実してない”

と自分を気持ちをマイナスにしてしまう原因となります。

制限時間を決める

作業をしても疲れない方法として有力な方法は、

“制限時間を設ける”ことです。

制限時間を設ける事で下記のメリットがあります。

  • 制限時間を決めると集中力が上がり、疲れない
  • 自分の集中できる時間を知ると疲れなくなる
  • 優先順位が自然と決まる

それぞれ解説していきます。

制限時間を決めると集中力が上がり、疲れない

制限時間を決めることで物事に一点集中することができます。

私もよくやってしまうことなのですが、制限時間を決めずに作業をすると、どうしてもダラダラする時間が生まれます。

しかも、ダラダラした分だけ無駄に疲れてしまうんです。

人は時間があるとどうしてもギリギリまで怠けてしまう生き物です。

例えば、
「課題をやって下さい」

と言われるのと、

「課題を3日後までにやってきて下さい」

だったらどちらの方が早くやろうという気持ちになりますか?

多くの人は後者の

「課題を3日後にやってきて下さい」

の方が早くやろうと思うはずです。

自分の集中できる時間を知ると疲れなくなる

自分の集中できる時間を知ると疲れにくくなります。

人によって多少違いますが、目安としては25分ごとに1回休憩するのが良いみたいです。

詳しくは[ポモドーロテクニック]で調べてみて下さい!

私は30分に1回2~3分の休憩をするようにしています。

それ以上休憩をするとダラダラしてしまい仕事に身が入らなくなるからです。

優先順位が自然と決まる

制限時間を設けると自然と優先順位が決まり、作業効率を上げることができます。

1時間で終わらせる課題があったとしたら、それが終わるまでは他のことをしようとは思いませんよね!

あとは、制限時間を予め決めることで作業内容によって優先順位を変えることもできるので作業の見通しが立ちます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は作業をしても疲れない方法という事で3つの方法をご紹介しました。

  • 大音量で音楽を聴きながらやる
  • SNSを遮断して作業する
  • 制限時間を決める

の3つでした。

ちょっとした工夫で疲れずに作業を行うことができるので、みなさんも試してみて下さい!

当ブログ「7割の会」では、クズニートでも楽しく生きる。をテーマに「節約」「お金のかからない趣味」「人間関係で消耗しない方法」に関する情報を発信しています。

Twitterinstagramでも発信しているので覗いてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました