あなたが「頼りない」と言われたときの対処方法!

Uncategorized

こんにちは。

タクヤです。

先日、お客さんに「あなたは頼りなく見える」と言われました。

正直、めっちゃ凹みました。

あなたも「頼りない」と言われた経験が少なからずあると思う。

このブログは、
・頼りないと言われる
・自分に自信がない
・仕事ができない

そんな人の参考になるブログですので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

[ポイントは4つ!]頼りないと言われる原因は〇〇

頼りないと言われる原因は「発言や行動に自信がないから」です。

わかりやすい例をいくつか挙げると、

・曖昧な言葉遣い
・語尾がはっきりしていない
・声が小さい
・オドオドしている

などです。

想像しづらい方は「学校にいる気弱陰キャタイプ」の人を想像したらいいと思います。

今振り返れば、私も仕事に分からないことを曖昧な表現で誤魔化したために「頼りない」と言われてしまった。

のかなと思います。

次は頼りがいのある人はどんな特徴があるのかご紹介します。

頼りがいのある人がする発言や行動

頼りがいのある人の発言や行動をご紹介します。

[頼りがいある人の発言や行動]
・相手に対して親身
・責任感がある
・常に冷静
・ハキハキ話す
・曖昧な発言をしない

上記を見てあなたはどう思いますか?

あなたの身近な「頼りがいのある人」もいずれかの特徴を持ち合わせていると思います。

そして、「頼りがいのある人」は上記の行動を積み重ねることで、

「この人なら大丈夫!」

“責任感がある”と評価されます。

[今日からできる!]「頼りない人」を脱出する方法

先ほどご紹介した「頼りがいのある人の発言や行動」はなかなか参考にしづらい部分もあると思います。

なので、「頼りない人」でも

[頼りない人→頼りがいのある人]

へ進化する方法をご紹介します。

先にその方法を並べると、この4つに集約されます。

[頼りない人→頼りがいのある人になる方法]
・起こることを予測して準備をする
・スムーズに進めようという気持ちを捨てる
・嘘をつかない(分からないことは分からない)
・1度失敗したことを成功で塗り替えていく

では順番に解説していきます。

起こることを予測して準備をする

なぜ予測して準備をすることが大切なのか?

それは「あらゆることに冷静に対処するため」です。

Appleの創業者でプレゼンの天才と言われたスティーブ・ジョブズは
プレゼンの準備に毎回100時間かけていたと言われています。

プレゼンの天才と言われたジョブズでされ、準備に100時間かけるわけですから、
予測して準備することの大切さは言うまでもないですね。

頼りない人が”曖昧な発言やオドオド”するのは、
想定外などの「わからない状態」が身体の動きや言葉になって表れるためです。

しかし、”予測と準備”がすればあらゆる事態を未然に回避したり、
スムーズに対処することができます。

場合によっては”予測と準備”ができない場合もあると思いますので、
次の「スムーズに進めようという気持ちを捨てる」でご紹介します。

スムーズに進めようという気持ちを捨てる

頼りない人は”全てのことを円滑に進めようとする”傾向があります。(私調べ)

だから、1つ1つをちゃんと処理できず、頭がパンクしてしまう。

そんな経験があなたも1度はあると思います。(私は何十回やったことか..)

だからこそ大切なのは”1つ1つこなしていく”ことです。

実は頭が真っ白になるのは、「脳が処理をサボるための信号を身体に送っているから」と脳科学者の茂木健一郎さんがラジオで話していました。

つまり、科学的にも1つ1つこなすことが理にかなっているみたいです。

自分に嘘をつかない(分からないことは分からない)

頼りない人は”わからない”や”教えて”を素直に言えない傾向にあります。

本当はわからないと思っていることを周りに伝えず、
嘘をつくと、かえって周りの迷惑になってしまいます。

「わからない」

ことがあれば、その場の雰囲気を壊してでもわからないと素直に伝えることが大切です。

そしたら、周りの理解してくれますし、同じミスを繰り返さずに済みます。

1度失敗したことを成功で塗り替えていく

冒頭あたりで「頼りないと言われる原因は”発言や行動に自信がないから”」とお伝えしました。

この言葉は、

=[頼りがいのある人になるには”発言や行動に自信を持つことが大事”]

という意味でもあります。

では自信をつけるためには何が必要かと言えば、

「小さな成功体験の積み重ね」

です。

「これならできる=自信」

の数を増やすことで自分に自信がついてきます。

失敗して自信が失くしても、”改善案を探して成功”すれば自信に変わります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日は「頼りなく見える人が頼りがいのある人になるには?」というテーマでした。

ポイントは4つ!
[頼りない人→頼りがいのある人になる方法]
・起こることを予測して準備をする
→準備をしとけばドンっと構えられる。スムーズに対処できる。

・スムーズに進めようという気持ちを捨てる
→1つ1つ解決していくことで冷静になれる。

・嘘をつかない(分からないことは分からない)
→自分の意志をはっきり伝えることで相手に理解してもらう。

・1度失敗したことを成功で塗り替えていく
→失敗を成功に変えることで自信に変えていく

以上

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました