睡眠不足によって起きたこと。~睡眠の質で人生は決まる~

7割で生きる

こんにちは。

タクヤです。

今日はとても睡眠不足で、いつもよりきれいな文章をかける自信がないこの頃です。

でも、睡眠不足になって気付いたこともあったのでそれをシェアしていこうと思います。

[寝ろ!ゼッタイ!]睡眠不足によって起きたこと

お金持ちになるよりも、橋本環奈と付き合うよりも大切なこと。

それが「寝ること」です。

睡眠不足は日中のパフォーマンスが下がるだけでなく、あらゆる場面に影響を及ぼします。

例えば、
「仕事や恋愛」、「お金の使い方」
にも大きな影響を与えます。

実際に私が「睡眠不足の日に起きたこと」を下記にまとめてみました。

睡眠不足の日に起きたこと

[集中力低下]
→仕事に集中できず、ボッーとしていました。
[イライラしやすい]
→いつもより感情の起伏が激しくなりました。
[性欲と食欲増進]
→村々する、アレをしてもスッキリしない。食事はカロリー高いものや甘いものを食べたくなる。暴飲暴食になりがち。
[落ち込みやすい]
→ネガティブな情報に敏感になる。ちょっとした事でかなり凹む。嬉しいことがあってもそんなにテンションが上がらない。
[判断力低下]
→普段はしないミスを連発したりする。パニックになりがち。

普段よりもストレスも溜まり、
慢性化すると病気の原因にもなるので注意が必要です。

睡眠不足によって起こる病気

睡眠時間が足りてないと、様々な病気の原因になります。

代表的なのは下記の病気です。

[睡眠不足がもたらす病気]3選

・生活習慣病(糖尿病や高血圧)
・うつ病
・睡眠時無呼吸症候群

睡眠不足⇄仕事のミス

=悪循環

睡眠不足によって起こる病気を詳しく知りたい方はこちら

[今日からできる!]睡眠不足を解消するために

「夜は寝ているつもりでも、日中は眠くなる」

方も多いと思います。

そんな睡眠不足に悩む人たちにおすすめの方法を3つご紹介します。

[睡眠不足解消のためにできること3選]
・睡眠時間の確保
・寝る前にスマホいじらない
・食事制限

の3つです。

睡眠時間の確保

「睡眠時間は死守せよ!」

まず、睡眠時間を足りているか確認してみてください。

休日にたっぷり寝て回復する人は普段の睡眠時間が足りていない可能性があります。

個人差はあると思いますが、私は6~7時間くらい寝ないと次の日機嫌が悪くなりますw

寝るだけで1日の調子(気分も体調も)変わるなら、やらない理由はないですよね。

それに、睡眠時間を見直すだけで、
「体調を崩して病院に行く時間とお金」
も節約できます。

寝る前にスマホをいじらない

スマホの光を寝る前に浴びると、目が冴えてかえって眠れなくなります。

しかもスマホは、

「時間を潰そうと思えばいくらでも時間を潰せる」

という”魔法のアイテム”

あなたも、スマホを触っている時に、

「あっ!寝る時間とっくに過ぎてる(-.-;)」

なんて経験ありますよね?(私は数え切れないほど経験済ですw)

通知が気になる気持ちも分かりますが、勇気を持って”通知OFF”にしましょう。

食事は寝る3時間前までに済ましておく

胃が食べ物を消化して落ち着くまで3時間ほどかかると言われています。

そのため、寝る直前に食事をすると、
胃の働きが落ち着かず、ムカつきや血糖値が上昇する原因にもなるそうです。

参考:寝る前の食事は本当に体に悪いのか?その真相を専門家に訊いてみた
寝る前のドカ食いはなぜダメ? 肥満や糖尿病のリスクが上昇 夕食は就寝の4時間以上前に

まとめ

いかがだったでしょうか?

このブログで私で伝えたかったことは、

「睡眠時間は死守せよ!」

その日の体調や気分、1日を通してパフォーマンスに大きな影響が与えるため。

でした。

この記事を通してあなたが少しでも、気楽に生きるためのヒントになればいいなと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました