指摘はあなたへ対する最高のプレゼント”である理由とは!?

7割で生きる

こんにちは。

タクヤです。

あなたの友達や周りにちょっとした事でもすぐ指摘してくる人っていませんか?

もしくは仕事で。

私は物事を覚えるのが苦手で同じことで何度も指摘をされたり、
ちょっとせっかちな所もあって他の人よりも指摘されることが多いです。

でも、私はそんな時にこう思ってしまうのです。

 

「この人、面倒くさいな..」

 

みなさんも1度はそんな風に思った経験はないでしょうか?

でも、実はこう思うことがとんでもない間違いであった事に気づきました。

本来は「指摘してくれた人に感謝」しないといけないんですよね。

なぜなら、

  • あなたの為に時間を使っている
  • 本当はやりたくないことやってくれている
  • 受け止め方次第で大きく成長できるから

の3つです。

あなたが人に指摘された経験を振り返りながら読んでいただけたらと思います。

では、ご紹介します。

指摘はあなたへの時間のプレゼントである

指摘されたら誰でも最初は落ちこむと思います。

でも、その時に考えて欲しいのが、

「指摘されて得をするのは誰か?」ということ。

指摘=自分に足りない部分を相手が時間を割いて言語化

してくれているわけですから、これほどのプレゼントは本来ないのです。

もちろん、指摘をされた瞬間は不快な気持ちになることもあると思います。

その時は、言われた内容をしっかり受け止めて、後から全力で指摘された内容を改善すれば良いのです。

むしろ、指摘を聞かない行為は、

「プレゼントを使わずにゴミ箱に捨てる」のと同意です。

指摘する人は目的までは伝えてくれない

指摘する人は指摘している目的を教えてくれません。

だから、みんな「私の嫌いだから指摘するんだ」

と心のどこかで思ってしまいます。

というのも、私も自動車学校の教官の下記の1言が無ければ、
指摘する目的に気づくことはなかったです。

 

「あなたが〇〇できるようになるためだよ」

「だから、間違っている所ははっきり言う」

 

この言葉を教習の前に言ってくれたおかげで私は指摘されても、指摘内容はしっかり頂戴しようと思えるようになりました。

本当はみんなやりたくない事をやってくれている

会社で部下ができたり、部活で後輩ができたら必ず指摘しないといけない機会があると思います。

そんな時、あなたは躊躇なく指摘することができますか?

どこかで躊躇してしまったり、
相手の勘に触れないように丁寧に注意しようと心がけるではないでしょうか?

私も人に指摘するのが苦手でした。

理由としては下記の3つが挙げられます。

  • 嫌われる可能性
  • 指摘した側は発言に対しての責任が伴う
  • 指摘って精神力消費する

の3つです。

順に解説します。

嫌われる可能性

人に指摘したら、その人に不快な思いをされるかもって思うことありませんか?

私は指摘する時はいつも、

「この人を傷つけて、最悪嫌われるかも..」

と嫌われる勇気を何回も読んでいる私でも思ってしまいます。

そう考えると、指摘する側にとっては

「ハイリスク・ノーリターン」

なんですよね。

指摘された側は、
課題が見えて成長するチャンスが生まれる。

指摘する側は、
自分の時間を割いて相手の不足点を言い最悪、相手に嫌われる可能性だってある。

そう考えると、指摘されるありがたみが増幅しませんか?

指摘した側は発言に対しての責任が伴う

本当は指摘なんてしない方が楽なんです。

指摘したらそのことに関しては自分のしっかりしないといけなくなりますよね。

例えば
「ちゃんと怠けずに働け!」

と指摘したら、

「自分は同じ指摘をされてはいけない」

と思うし、されたら信用を失って嫌われるだけです。

悲しいことに以前勤めていた職場でそんな人がいましたね…

しかも、指摘すれほど自分への”暗黙の誓約”が増えてしまいます。

だから、そんなリスクを背負って指摘してくれている人には感謝しましょう!

指摘って精神力消費する

指摘ってシンプルに疲れます。

わざわざ人の不足点を見つけてはっきりと言う。

普段、人の悪いとこなんて言わないし、
相手も言われ慣れてないのでお互いにとってシンドイ事なんです。

しかも、上記でも紹介した通り

  • 嫌われる可能性
  • 指摘した事に対しての責任が伴う

この2つ同時に持つので、とてもシンドイですよね。

受け止め方次第で大きく成長できる

指摘は受け止め方次第で自分を大きく成長させることができます。

理由としては下記の3つです。

  1. 感謝の気持ちが持てると、指摘された内容を無駄にしたくないと思うようになる
  2. 指摘が「嫌み」だったとしても成長材料に!
  3. 自分の糧になれば結果オーライ

上記、解説します。

感謝の気持ちが持てると、指摘された内容を無駄にしたくないと思うようになる

指摘された時に感謝の気持ちが持てると、言われた内容を糧にしようとがんばります。

例えば、あなたが歌手になりたいとします。

ある日、プロのボイストレーナーが来てボイトレであなたの足りない所を的確に教えてくれたとします。

そしたら、あなたはどんな気持ちになりますか?

憎悪ですか?

それとも感謝ですか?

おそらく、後者「感謝」だと思います。

でも、やっていることは同じで、「足りない部分をアドバイス」しているだけなんです。

たまに指摘を「命令」と勘違いする人がいますが、「指摘は足りない部分を説明」しているだけですからね。

なので、どんな指摘であっても感謝の気持ちが持てると、自分の成長につなげることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は”指摘する人には感謝を”というテーマの元、

  • あなたの為に時間を使っている
  • 本当はやりたくないことやってくれている
  • 受け止め方次第で大きく成長できるから

の内容でお伝えしました。

このブログを読んで、

「勉強になった」
「意識してたけど、再認識した」

と思ってもらえると嬉しい限りです!

当ブログ「7割の会」では、肩の力を抜いて7割くらいの力で生きようよ!をテーマに「節約」「お金のかからない趣味」「人間関係で消耗しない方法」に関する情報を発信しています。

Twitterinstagramでも発信しているので覗いてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました