最速で最高の結果】を得るための本を読んでみた

商品レビュー

こんばんは!

タクヤです。

「タスクがなかなか終わらない」
「物事をつい後回しにしてしまう」
「頑張っても結果がついてこない」

そんな経験ありませんか?

私は毎日と言っていいほど上記のいずれかを感じています。

あなたもダラダラしているうちに、課題の提出期限が迫ってアタフタした経験があるでしょう。

そんなあなたにオススメしたい本が「超速」です。

この本には課題を”最速かつ最短”で解決するための考え方やノウハウが書いてありました。

私の経験や感想を交えながらシェアしていきます!

生産性の高い仕事の法則

生産性の高い仕事をするためには下記の法則を理解しておく必要があります。

その法則が下記の図です。

完了した仕事

||

(費やした時間)

×

(集中度合い)

×

(実行速度)

の割合で生産性が決まります。

上記3つ(費やした時間、集中度合い、実行速度)の数値を上げるために必要な要素が大きく分けて3つあります。

それがこちら!
・整理
・集中
・加速

の3つです。

『整理』『集中』『加速』が具体的にどういった内容なのかは次章で解説していきます!

タスクは”優先順位を決めて整理する”のが大事

この章では「整理」について解説します!

今、何が必要なのか?

期限はいつまでか?

そのタスクはどれぐらいの時間がかかるのか?

1つ1つのタスクに優先順位をつけることでタスクを客観的に整理することができます。

タスクが整理されると、優先順位の高いものに集中して取り組めるので、
集中力も効率もグンと上がります。

タスクの優先順位を決めれば脳内が整理される

タスクの優先順位を決める=脳内を整理すること

と一緒です。

ToDoリストを作って実行する順番を決めれば、他の事を考えなくて済みます。

優先順位をつけてなければ思いついた時に
「あれもやらなきゃ!これも…」
となって、逆にどれも手につかない事もあるでしょう。

5万円欲しい時にやること

ここでは、「タスクは”優先順位を決めて整理する”」の具体例を考えていきたいと思います。

例えば[5万円が欲しい]という課題があります。

そしたら、お金を得る方法は大きく2つ。

  1. 人から貰う
  2. 自分で稼ぐ

この2つの中から仮に「自分で稼ぐ」を選んだとします。

そうすれば、残りは「いつまでにほしいのか」

もし、「1週間に以内に欲しい」となれば、”日給バイトをする”という選択ができます。

こうやって、目的に応じて必要な行動を「整理」することで遠回りせずに結果を出すことが可能です。

次章では「集中」について解説します!

[集中]マルチタスクは時間を無駄にする

マルチタスクは時間を無駄にします。

いろんなことが器用にできるように見えますが、1つの事に集中できないので、むしろ時間を浪費してしまいがちです。

あなたはSNSを見ながら勉強や仕事ができますか?

もしくはSNSを見ていない時と同等のパフォーマンス、集中力で仕事ができますか?

おそらく、1つの仕事に集中している時に比べて、SNSを見ながらだと集中力が落ちるはずです。

マルチタスクはシングルタスクよりも集中力、生産性が落ちるという理論があります。(カールソンの法則)

シングルタスクの方が生産性が高かった

カールソンの法則=Aを完了してからBを実行する方が両方同時に実行するよりもはるかに効率的

と呼ばれるものです。

1950年代にこの理論は打ち立てられているので、もしかすると変わってきているかもしれません。

【体験談】ブログを書く方法で執筆時間が変わった話

私にもマルチタスクとシングルタスクで変わった経験がないだろうかと考えてみました。

そしたら、「ご飯食べながらブログを書いた日」と「ブログだけに集中して書いた日」があったのでそれぞれの違いを紹介しようと思います。

結論から言うと、下記の結果になりました。
「ご飯食べながらブログを書いた日」
→ご飯食べて3時間書くも終わらず、最後は寝落ち

・ブログだけに集中して書いた日
→ご飯と寝る時間は遅くなったものの、2時間半できちんと更新

マルチタスクは他の気を取られてしまうため集中力も続かないです。

私自身の体験でも1つ1つこなす方がはるかに早い気がします。

とはいえ、シングルタスクばかり勧めているだけに下記の疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

マルチタスクで生産性が高い人もいるのでは?

結論から言うと「います。」

ただ、マルチタスクができる人はすごく少ない気がします。

あなたの周りにマルチタスクができる人はどれほどいるでしょうか?

仮にできたとしても、”常に他の情報に気を取られるリスクがある”のでオススメはしないです。

次章では「加速」について解説します。

[加速]実行よりも準備が大事!?

この章では「加速」について深堀りしていきます。

結論から言うと、加速するためには”念入りの準備”が必要です。

例をいくつか上げてみるとこんな感じです。

  • 頭をフル回転させられる充分な休息
  • 必要な情報のリサーチ
  • 加速の邪魔になる物の断捨離
  • パフォーマンス力アップに必要な道具の準備
  • タイムリミットを決める

の5つです。

限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮するためには、
必要な物や身体の状態を用意することが大切です。

事前準備が実行した時の時間と質を決める

なぜ、”事前準備”がそんなに大切なのかと言うと、

「実行した時に”かかる時間と質”が決まる」

からです。

ここで言う事前準備は、「必要なことに対しての情報や物を揃えておく」という意味です。

ブログを書くなら、
・記事に必要な情報を前もって調べる
・構成を考える
・誰に向けて書くかイメージしておく

といった所です。

1週間で誰よりも早く100km進むならどうする?

100km進むとして1週間で誰よりも良い結果を出すにはどうしたらいいと思いますか?

走る、自転車を漕ぐなどの選択肢があると思います。

その他にも原付の免許を取りに行って、ハンドルをひねるだけでも100km進むことができます。

事前準備をせずに行動するのは上記の走って100km目指す行為と一緒です。

知っているだけで遠回りしなくてもいい場合もありますので、事前準備は大切です。

準備よりも見切り発車が大事!?

見切り発車は実行前に気づけた事を失敗してから気づく(事前予測ができた)ものに時間を費やす(時間の無駄)を生む可能性があるのでオススメしません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日は「超速」という本をまとめてみました。

この本が読みたくなった方はこちらのリンクから飛んでみてください!

少しでもこのブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました