空白の3ヶ月でわかったこと

7割で生きる

こんにちは!タクヤです。

なんかいろんな事がしんどくなり、SNSを3ヶ月ほど離れていました。

3ヶ月もSNSから離れると、ネットに転がっている様々な情報が真新しく見えてきます。

それだけでなく、気づいたことがあったので今日はまとめてシェアしていきたいと思います。

働きたくないけど、働かないのも暇


SNSから離れてると、暇な時間が増えたために働きたくないなと思いつつ、

「あれ?今日暇だな..」

と思う時間が必然的に増えていきました。

仕事している時間が長いのは嫌だけど、暇な時間が増えるのも嫌なんですよね。

なんか暇な時間が増えると、○にたくなるんですよ。

暇なこと自体は悪くないと思うんですが、
暇な時間を上手く有効活用できない自分が嫌でしょうがないです。

というわけで、「働きたくないけど、働かないのも嫌」でした。

人と話さない期間が長いと病む

病むと言っても、「生きるのシンドイな…」とかくらいの可愛いレベルではありますが、
人話さなくなるとどんどん病んでいく特性があるようです。

人に対して知ってほしい、見てほしいの感情?

いわゆる自己顕示欲、承認欲求と言ったものが強いのかもしれません。

1度サボると、とことんサボる


最近、弁当を作るのをサボるようになりました。

以前は昨晩の夕食の残りとかを弁当にして持っていったりしてのですか、すっかり外食をするように..w

以前なら「今日も弁当持っていかないと!」と張り切っていたので、
どんなに寝坊しても弁当はかかさず作ってたんですがね。

でも、人間って継続→習慣の生き物なので,

[1分でもいいからやってみる!!]

って意識が大切みたい。

なら、私も来年から弁当作ろうと思います。←今日からやれや!ってツッコんだ人みんな好き!

お金持っているだけで安心感がある


お金って持っているだけで安心しませんか?(諭吉の包容力かな?)

近頃は寒くてインドアのためお金使わないんですけどねw

とはいえ、お金があればいろんなサービスを利用できますよね。

飯=Uber Eats
移動=タクシー
娯楽=飲み、カラオケ、ボーリング、その他
快楽=マッサージ、エステ、18○

そんな感じで自分の満たしたい欲を満たせる環境が作れる”お金”はやっぱり最強な気がします。

自分と近い価値観を持っている人は必然的に仲良くなる


ここ2ヶ月ほどコールセンターに働いていて、いろんな人と仲良くなりました。

でも、やっぱり思うことが「価値観の近い人と自然に仲良くなる」です。

話が合う合わないの部分もありますが、
自分とどこか共通しているなと思う人と自然と仲良くなりますね。

逆を言えば、価値観が少しでもズレてる人と一緒に長くいるのは居心地が悪くてしょうがないです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

空白の3ヶ月というテーマで、SNSから離れてみて気づいたことをまとめてみました。

少しでも共感できる部分があると嬉しいです。

ではではまた.

コメント

タイトルとURLをコピーしました