自分を客観視する方法2選

Uncategorized

人に指摘される前に自分の悪い点を改善できたら良いなと思った事はありませんか?

 

そんな時に役立つスキルが”自分を客観視する事”なのです。

自分を他社の視点から俯瞰して見る事で、誰かに指摘される前に自分の

  • 悪い点
  • 課題点

に気づくことができます。

例えばこんなときに役立ちます。

  • 仕事でミスをした時
  • 指摘されて落ち込んだ時
  • 冷静な判断がしたい時

いろんな場面で使えるスキル。

それが “自分を客観視することです。 

前置きが長くなりましたが、今回は

誰かに指摘される前に自分の悪い点や課題を改善するための自分を客観視する方法3選をご紹介します。

自分を客観視する方法2選

じぶんを客観視する方法2選

  • 課題や悩みを紙に書き出す(分からない時は現状をありのままに書き出そう)
  • 人には話す

の3つです。

1つずつ解説します。

自分の思いを紙に書き出す

 

じぶんの思いを紙に書き出すことで、”思いの分身”をつくることができます。

自分の思っている事や考えている事、あらゆる悩みを見える化する事で自然と他者の視点から物事を捉える事ができます。

頭の中で考えていると、他の事をやっている時もその事が頭を駆け巡って集中できなくなってしまいます。

でも、紙に書き出せば後からじっくり考える事もできますし、何よりも頭の片隅に置いておく必要も無くなるので身体的負担も軽くなります!

人に話す

自分を客観視するためには時には他者に悩みなどを打ち明けてみるのも良いでしょう。

最終的な判断は自分でした方が良いですが、他者の意見がより良い方向に導いてくれる事もあります。

1人で考えてたら1人分の知識でしか解決できないけど、他者に話す事によって、複数の視点から物事を見る事ができるので非常にオススメです。

ただ、注意点として..

  • すごく仲の良い友だちに話さない
  • 恋人に話さない
  • 口の軽い人に話さない

関係性が崩れないようにそれほど仲良くない人に話すのがポイントです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

人にはそれぞれあった方法があると思います。

どれか1つでもあなたの役に立つと嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました