[暇は悪!?]何もしていないと逆に疲れてしまう理由とは?

7割で生きる

あーなんもしたくない…

 

 

ここ5日ほど仕事をサボっていたんですが、何もしないと逆に疲れてしまうんだなと分かりました。

あなたも1日寝て過ごしてしまい、休んだつもりなのに腰が痛くなったり、休みが多すぎて退屈になってしまった経験はないでしょうか?

実は誰もがそうなってしまう可能性があるのです。

今回は何もしていないと逆に疲れてしまう理由を解説します。

3分で読めるので見て下さいね!

 

 

[結論]人は暇を潰したくて生きている

人生は暇つぶしだ。

こんな事を言うと炎上しそうですが、紛れもない事実です。

例えば、暇になった時に「何もせずにただ呼吸だけして下さい」

言われるとだんだん何かしたくなって来ますよね。

それと同じで人は何かをしていないと何かをしている以上にストレスを感じたり、疲れてしまう生き物なのです。

仕事を5日サボったら全てのやる気が無くなった

5日ほど仕事もSNSも筋トレも全てサボって廃人のような生活を送っていたら全ての物事が面倒くさく感じるようになりました。

今、こうしてブログを書いてるのがすごくシンドイです。

普段は自炊をするのですが、昨日はそれすらも面倒くさくなり、コンビニで弁当を買ってしまいました。

1度サボり始めるとだんだん全ての事をやりたくないと思うようになるのだと痛感しました。

おかげで買い物したレシートがめっちゃ貯まってます。

やっぱり習慣って大事なんですね…(痛感)

✔面倒くさいと感じる事ほど毎日やろう!
✔3日以上サボると今までより更にシンドイ
✔明日やろうはバカやろう!

たまには何もしない方が良い日もあるのでは?

人間だからサボりたい時もあるし、たまには何もしない時があってもいいのでは?

と思う方もいるかもしれません。

半日、長くて1日,2日程度なら私も同意ですが、3日以上何もしないのはオススメできません。

3日もあれば元々は習慣化できていた事が面倒くさく感じてしまうからです。

土日休んで、月曜日から仕事。(たかだか2日)でもシンドイのに3日も空けてしまうと嫌になるのも当然です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

何事もやり過ぎないくらい「7割くらい」こなすのが良いのかなと思います。

当ブログ「7割の会」では、クズニートでも楽しく生きる。をテーマに「節約」「お金のかからない趣味」「人間関係で消耗しない方法」を発信しています。

Twitterinstagramでも発信しているので覗いてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました