配信で病んだときに読むブログ

こんにちは。

たくやンです。

私もポコチャを始めて1ヶ月目の頃は「配信で病む時期」が数週間ありました。

その経験を通して、こういう風に向き合えばいいよ!という内容をまとめてみました。

この記事解決できるお悩み
・配信で病まない方法
・配信で病んだ状態から抜け出したい
たくやン
こんな悩みを解決できる記事を書きましたので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

[結論]一度やめてみて目的を見直す

配信で病んだら一度、配信から距離を置くことが大切です。

なぜなら、「そのまま続けても病んでいくばかり」だからです。

たくやン
思い通りにならなくて病むことが多いよね。

私はポコチャを始めて2週間経過したころ、思った結果が出ずにずっと病んでいました。

そして、そんな思いを抱えたまま配信をしてもリスナーを楽しませることができないし、自分も楽しくありませんでした。

[前提として]時間が経てば慣れる

前提として、一時的に病んだとしても時間が経てば慣れます。

「今思えば大したことじゃなかった」

と思うようになるのです。

だから、あまり深く考えずに時間を置くことを意識しましょう。

[ポイントは2つ!]病んだ状態から抜け出す方法

病んだ状態から抜け出すために2つのことを実行してください。

それが、下記の2つです。

病んだ状態から抜け出す2ステップ!
1.病んだ理由を紙に書き出す
2.改善案を考え、1つだけ実行する

詳しく説明します。

[気持ちの整理]病んだ理由を紙に書き出す

まずは、病んだ理由を紙に書き出してみてください。

箇条書きでOKです。

私が病んだときは下記の理由で病んでいました。

配信で病んだ理由
・人が来ない
・リスナーがいても楽しませることができない
・人がいてもアイテムが飛ばない
・他の配信者と自分を比較してしまう

の4つでした。

わかっていたことでありながらも紙に書いてみると、脳が空っぽになった気分でスッキリしました。

紙に書き出すことで客観視できたのかもしれません。

気持ちが軽くなったところで、次は改善案を考えていきます。

改善案を考え、1つだけ実行してみる

紙に書き出して病んだ理由を特定したら、改善案を考えていきます。

ここで大事なのは「1つだけ実行してみる」です。

いくつも同時進行でやると1つでも上手くいかなかったら歯車が狂い、また病んでしまうからです。

どんな些細な改善でもOKです。

改善案(参考までに)
・配信時間を変える(時間帯なども)
・自分が楽しいと思う企画を考えてやってみる(1人旅、料理、お絵かき)
・目的を変える

 

私は思いきって配信アプリを変えました。

ポコチャからふわっちとツイキャスに変えたのですが、その理由は別記事で説明しようと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日は「配信で病んだときに読むブログ」がテーマでブログを書きました。

自分の思い通りに行かなくて病む時期はほとんどの人にあると思うのでこの記事が少しでも役にたてば嬉しいです。

よかったら他の記事の読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。