合宿免許のメリットとデメリットとは? 参加者が語る意外な本音とは?

Uncategorized

こんにちは。

タクヤです。

本日は合宿免許の参加者が、
実際の体験してみてわかったことや、
通学のとの比較

をご紹介します。

今、

  • 合宿免許と通学免許で迷っている
  • 寮ってどんな感じなの?
  • 免許とるまでのスケジュールはどんな感じ?

これらが気になる方はぜひ読んでみて下さい!

では、ご紹介します!

[結論教えます!]合宿免許と通学免許どっちが良いの?

免許取得方法は2種類あります。

1つは免許を取得するまで寮に宿泊し、
免許を取得する合宿免許。

もう1つは
学科や技能教習を受ける度に通学する通学免許。

どちらが良いかと言うと、

「時間とお金に余裕があるなら合宿免許、
そうでないなら通学免許」

です。



理由は大きく2つあります。

  1. 合宿免許はお金が通学免許より5万円高い
  2. 合宿免許は短期間に長い時間拘束される

下記にて詳しく解説します。

合宿免許はお金が通学免許より5万円高い!

合宿免許は通学免許よりも5万円ほど高いです。

理由としては
・宿泊金
・最初から全スケジュールが調整済

ためです。

通学免許の場合は技能教習を受ける度に、
予約をする必要があります。

どの自動車学校でも、

  • 1度に予約できるのは2時間分(予約は予約機で行う)
  • 予約よりも多く乗りたい場合はキャンセル待ちをする

私も過去に1度、通学免許に通ってましたが、
寝坊して技能教習をサボったことがあります。

その後は、
キャンセル待ちが面倒くさくて途中で辞退した苦い経験がありますw

合宿免許は短期間に長い時間拘束される

毎日、学科教習と技能教習があります。

学科が3時間+技能教習2時間
が毎日あります。

1日の流れとしては8時頃から始まり、19時半に終わるような感じです。

下記にて、
1日のスケジュールを紹介している箇所がありますので、そちらを御覧ください!

12時~13時はお昼休憩で教習がない時間帯
もあります。

また、学科も技能もない時間は
「自習室」でパソコンを使った、
学科試験対策の問題を問いたりします。

[3つあり!]合宿免許のメリットとは

合宿免許のメリットは
大きく分けて5つあります。

下記が合宿免許のメリットです。

1.短期間で取れる
2.免許を取ることだけに集中できる環境と緊張感
3.通学免許と比べて挫折しない

の3つです。
それぞれ順に解説します。

短期間で取れる

合宿免許の免許の最大のメリットは

「短期間で取れる」ことです。

通常免許は最短で1ヶ月、
合宿免許は最短で16日

で取ることができます。


免許を取ることだけに集中できる環境と緊張感

合宿免許では、免許を取得するまでずっと寮に宿泊しているため、

  • 最短で学科試験を合格するには?
  • 技能試験に受かるには?

を考えるため免許を取ることに集中できます

私は今まで学校の勉強は全くして来なかったのですが、
合宿免許では毎日、

  • 学科試験の対策を毎日2時間以上
  • 入校から5日で効果測定(模擬試験)に2回合格

しています。

それだけ合宿免許は

「免許取得に向き合える環境」

と言えます。

通学免許と比べて挫折しない

通学免許だと
通学途中で挫折する可能性があります。

なぜなら、「通うのが面倒くさいから」です。

私は家から徒歩25分。
しかも上り坂でチャリではキツい。

という立地にあったので、
通うのが面倒くさくなり、挫折しました。

でも、合宿免許は
自動車学校から徒歩0分の場所(自動車学校によって多少異なる)

にあるので「移動の通学の手間」が省けます。


合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットは下記の3です。

1.通学免許に比べ、高額
2.詰め込み学習で覚えるのが大変
3.最短で卒業できなければ延泊料金が発生

この3つです。

それぞれ解説します。

通学免許に比べ、高額

合宿免許は費用が高いですね。

私の場合は
最短で取得できれば料金30,8000円です。

通学免許だと
20~25万円(自動車学校によって変動)
で受けられます。

そのため、少し料金は高めです。

詰め込み学習で覚えるのが大変

免許を取得する際には、

学科:1段階10時間、2段階16時間
技能:1段階12時間、2段階19時間

を受けなければなりません。

なので、
学科:3~4時間(1日あたり)
技能:1段階2時間 2段階3時間(1日あたり)

しかも、合宿免許の場合は、
テストに1発合格しないと延長になる可能性があります。
(予習、復習は必須)

最短で卒業できなければ延泊料金が発生

合宿免許は最短で取得できない場合は
延泊料金が発生します。

これは各自動車学校によって相違があるので一概には言えませんが。

私が参加する自動車学校では
1日ごとに延泊料金が1000円発生します。

まるで、近道になるけど、崩れかけの橋のようです。

すぐに渡れば近道となる。
だけど、ゆっくり渡ると重さに耐えきれず、橋が崩れてしまう。

と言ったところでしょうか?

1日のスケジュール

1日のスケジュールはこんな感じです。

 

9日 10日 11日 12日 13日 14日
9:00~9:50 技能1 技能3 技能5
10:00~10:50 技能2 技能4 技能6
11:00~11:50
[昼休憩]12:00~13:00
13:00~13:50 学科3 学科2 技能7
14:00~14:50 学科7 学科4 技能8
15:00~15:50 学科8
16:00~16:50 技能9
17:00~17:50 入校式 学科9 技能10
18:00~18:50 OD(適正検査) 学科4
19:00~19:50 学科1 学科5 学科6 学科10

上記は1段階のスケジュールです。

2段階になると、もっと忙しくなります。
あと、学科と実技それぞれの検定試験に合格しないと、
2段階に進むことができません。

ちなみに合宿免許の場合は
入校日から最短で10日後に1段階の検定試験があります。

運転に必須な知識と運転技術
を短期間で覚える必要があります。

そのため、運転イメージや予習復習を毎日欠かさずにすることがカギとなってきますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

冒頭と内容が重複しますが、
お金と時間に余裕があるなら合宿免許
を選ぶことがオススメです。

もしくはこれから時間を作れる人など。

最も早くて16日で取ることができます。

自分と正確、お金と時間と相談して、
自分にあった方法を選択することをオススメします。


当ブログ「7割の会」では、クズニートでも楽しく生きる。をテーマに「節約」「お金のかからない趣味」「人間関係で消耗しない方法」に関する情報を発信しています。

Twitterinstagramでも発信しているので覗いてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました