ホームレス,乞食,ニート 通称:「クズの3種の神器」を揃えた男の話

7割で生きる

どうも低学歴ニートのタクヤです。

世ではこんな人のことをクズと呼ぶそうですが、クズも悪くないなーと思うこの頃。

今から話す内容は”ニートも乞食もホームレスもみんなが思っているより不幸じゃないよ”って話です。

今の現状に不安や不満がある人は是非読んでほしいなと思います。

生きてればなんとかなる ~みんな偉いよ!息してるだけで幸せ!~

僕は過去に1週間くらいホームレスになったことがありました。

そのときはいろんな人に助けてもらい、人の温かさに感動しました。

このブログはホームレス、ニート、乞食などの通称:「クズの3種の神器」を体験した僕のお話をまとめたものです。

よかったら最後まで読んでみてください。

人生を変えたいと意気込んで沖縄から上京

2019年10月31日。

首里城が燃える様子を見ながら夜を明かした朝、僕は那覇空港から羽田空港へ飛び立ちました。
僕の友達は大学にもなれて彼女ができた奴もいて、僕は「コイツらには負けない。」という思いと、もうエンジニアになれないのかな?と不安を抱えながら東京に降り立ちました。

プログラミングを学んでエンジニアになる決意

上京してすぐにプログラミングスクールに通い始めました。ってよりも就職活動とスクールがセットになったものに参加しました。

スクールでプログラミングを学びながら、転職活動を行うことができるサービスがあっったのがそこに参加したのでした。

もともとプログラミングはやっていたのですが、途中で挫折したのでこれが最後だという思いでスクールへ毎日毎日通いました。

プログラミングスクールの1日の流れ

・1日のスケジュール

午前中
10:00 登校
11:00まで自主学習
1限 11:10~12:00
10分休憩
13:00まで自習学習

~お昼休み~ 60分

午後
14:00~14:50 講義
10分休憩
15:00~15:50 自習学習
10分休憩
16:00~16:50 講義
10分休憩
17:00~18:00 自習学習

基本的に1時間講義をしたら、1時間の自習がありました。
学ぶ言語は「Java」でプログラミング言語中でも習得が難しい言語です。

1ヶ月でJavaの基礎的な部分をコンプリートしないといけないので講義のペースがすごく早いです。

僕は2週間で完全についていけなくなっていました。

“3ヶ月で退職”の過去が未来を阻む

スクールで学習をしながら就活もしないといけなかったので、11月の下旬からいくつかの企業と面接をしました。

しかし、どこの企業を受けても受かりませんでした。

僕をサポートする営業担当は「タクヤさんは若いからね」と言われましたがそれは3ヶ月の職歴をカモフラージュするための言葉でした。

実際、僕より歳が5~6個上の人はみんな受かっていて、職歴も1年以上はありました。

確かに会社をやめるときに上司に「職歴に傷がつくことは頭に入れときな。」と言われたことがそのまま現実になった瞬間でした。(会社を辞めたことに後悔はしてないけど選ぶ会社は大事だなと思った。)

会社員が嫌な人は転職がいつでもできる状態で辞めた方がいい!

プログラミング挫折 ~目の前が真っ暗になる~

2019年4月からかれこれ8ヶ月プログラミングを学んでみたのですが挫折しました。

エンジニアになって人生を変えたいと思って、上京してきたのに気づいたらエンジニアになることを諦めていました。

やっぱり自分にはエンジニアは向いていないんだ。

そう言い聞かせ、プログラミングから逃げました。

家事スキル0の僕がシェアハウス生活を始める

プログラミングスクールへ通っていた頃、スクールが管理しているシェアハウスに入居していました。
4畳ほどの個室にベッド、テレビ、冷蔵庫、デスク、エアコンがついておりいがいにも快適でした。

1人が好きだけど、共同生活のほうが向いていた。

約2ヶ月シェアハウスに住んでいました。
場所は足立区の住宅街。駅まで10分の東京にしてはちょっと立地の悪い場所にある一軒家の一室に入居しました。

「やった1人暮らしだ」

とテンションは上がったのはいいものの、今まで親に家事は任せっきりで全く家事をしたこともない僕は玉ねぎの切り方にすら戸惑いました。

でも、手持ち金は30万もなかったので外食をすると財布はすぐ空になるため、自炊をすることにしました。

包丁をまともに持ったこともないので最初は怖かったです。

玉ねぎとニンジンを切るだけで10分以上かかるし、お米も5~6回研いでましたw

他の入居者に「あんたの部屋汚いな」と言われたくないという理由だけで週に1回はちゃんと掃除をしていました。

私は怠け者で掃除も1ヶ月に1回するかしないか。

理由をつけては1日を寝て過ごす。

もう、誰も見てない場所ならずっとダラダラしているクズです。(これは今も変わってない)

そういう意味ではシェアハウスは常に人の目があるので

“良い抑止力”

になっていましたね。

たった1人の仲間が僕に希望の光を与えてくれた…

プログラミングを諦めた僕は次は何をしようかと迷いつつ、やりたいこともなかったのでもう地元へ帰ろうと思っていました。

そんな府中の最中に手を差し伸べてくれたのがたった1人の”仲間”でした。
彼はとれも熱い人間で

僕が弱くか細い声で「地元に帰るわ」と言ったら、彼は

「ここで逃げたら人生変わらないよ!」

と言わんばかりの強い言葉をかけてくれました。

当時はその言葉がウザすぎて吐き気がしましたが、今となっては「ありがとう!」と心の隅から思っています!

乞食の幕開け ~仲間の家に居候し始める~

12月23日。

希望の光を与えてくれた仲間の家に居候し始めた。

バイトをしようと思ったが、沖縄に住所があるとバイトができないのではないかと思っていて、バイトもせずにずっとダラダラ生活していた。

根っからの怠け者であった僕は居候の身でありながら12時まで寝て過ごし、家事も料理くらいしかしなかった。(本当ごめんなさい。)

ホームレスになった1月2日の朝6時

仲間が実家へ帰省してることが大家にバレて僕は家を追い出された。

仕事もない。

家もない。

金もない。

見事に人生の終わりのような状態になってしまったのだ。

そこで、僕はTwitterにホームレスになりました。

というツイートをした。

そしたら、今まで1番いいねが集まり、僕のために宿をとってくれた人もいた。

人の暖かさに感動した。

ホームレス生活2~7日

フォロワーさんがとってくれたホステルがあったのでそこから1歩も動かず生活していたのですが、ホームレスになると食べ物が安い外食に変わりました。

でも、メリットもたくさんありました。

  • 周りを気にしない
  • 掃除などの家事が一切なくなるので家事ストレスゼロ
  • これ以上落ちることがない安心感で”息してるだけで幸福”

家がないので家事という概念が消えるのは面白いなと思いました。

サバイバルとかしたらもっと幸福感増す気がしますねw(いつかやってみたい)

日常がいかに人と無駄な比較ばかりをしているかを思い知りましたね。

Webライターを始める

ホームレスになり暇になった僕はwebライターを始めました。

Webライターならスキルがなくても始めるからという単純な理由でした。

滞在しているホステルから一歩も外に出ないのでとにかく暇でした。家もなくてやることもない。

あるのはパソコンとスマホくらい。

だったら、パソコンを使って何かできることをしようと考えて行き着いたのがWebライター。

文字を書いてお金をもらう。

こんなシンプルでどこでもできる仕事は最高だ!と思い始めました。

時給125円。厳しい世界の現状

Webライターは簡単な仕事です。

webの仕事では最も参入障壁が低い仕事だと思います。

  • スキルいらない
  • 初期投資いらない
  • パソコンのスペック低ててもOK
  • ネット環境があればどこでも働ける

こんなに手軽に始められる仕事は他にないと思います。(あるなら教えてほしいくらい!)

けど始めてみるとまったく違いました。

こちらは僕がwebライターを始めた頃のツイートです。

8時間フルタイムで働いて1000円しか稼げませんでした。

しかも、クラウドソーシングで仕事をとったので手数料25%が引かれて手取り850円です。

東京で1時間アルバイトしたほうが稼げる….w

誰でもできる仕事な分、とても単価が低いのがWebライターです。
(スキルや専門分野がどんどん単価は上がっていく)

低学歴ニートデビュー!!堕落した本性が溢れ出す

その後、飲食店のバイトをしたのですが、嫌すぎて2ヶ月で辞めてしまいます。

そして、爆誕したのが、

“低学歴ニート”

できるだけ外出を避け、仕事をしない。

そんな感じでした。

webライターの仕事はしていましたが、月に1万稼げる程度でした。

仕事の途中でもゲームの誘惑に負けてPS4でウイニングイレブンをずっとしていました。

なので、納期に遅れたことも何度かありました。(クライアントさんすみませんでした!)

生きてればなんとかなる

上京して、乞食して、ホームレスもしたけど、どれも今ではいい経験です。

むしろホームレスを機に求めるものはだいぶ減りました。

今必要なモノは

  • スマホ
  • パソコン
  • wifi
  • 衣服(同じ服、同じスボン、同じ靴下×3)
  • モバイルバッテリー

くらいです。

他にもあるけど大きめのバッグ1つに全部入ります。

また、都内に住むことがあったら家具は全部レンタルにすると思う。

家具・家電レンタルするならサブスクサービス CLAS(クラス)
最新家具・家電レンタルならサブスクサービスCLAS(クラス)。月額¥440〜簡単操作でご自宅にお届け。通常配送料無料(一部除く)

ホームレスを1度経験すると求めるものが減ってココロが健康になるのでオススメデス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました