[あなたも聞き上手に!?]人間関係がうまくいく話の聞き方とは?

「人の話を聞くのが苦手だ..」
「聞き上手になりたい..」

あなたは聞き上手になりたいですか?

はい。と答えた方はこの先も読んでほしいなと思います。

今から話すことは私の体験に基づいた実践的なノウハウで、誰でも即実践できるものです。

しかし、即実践できるがゆえに意識してなければすぐできなくなる。

そんなものです。

ぜひ、最後まで読んでもらって実践してもらえると嬉しいです。

一緒に成長していきましょう!

では本題へ!

[心がけは3つだけ!]話をうまく聞く方法

結論を言います。

話をうまく聞くために必要な心がけは下記の3つです。

  • 「ウケるぅ〜」って心の中で言う
  • 解決しようとしない
  • わからないことは最後に質問する

1つずつ順に解説していきます。

「ウケるぅ〜」って心の中で言う

話している時に「ウケるぅ〜」って言うのは失礼じゃないか!

と思った”そこのあなた”。

そんなことはありません。

人が話を聞く時は大体「聞いて欲しいだけ」のことが多いからです。

かえって真剣に話を聞くと相手の気持ちも重くなってしまいます。

しかし、「ウケるぅ〜」って思っている分には相手の話を心の余裕を持って聞けます。

私もここ1ヶ月ほど心のどこかに「ウケるぅ〜」と思いながら聞いてみたら、人間関係のストレスがすごく減りました。

陽キャと呼ばれる人たちがコミュニケーション上手なのは人の話を程よく流すのが上手だからなのかもしれないですね。

解決しようとしない

「話を聞いて欲しいだけ」

話す人は大体そう思っています。

あなたも
「共感してほしい」
「誰かに話して頭をスッキリしたい」

と思っていないでしょうか?

聞いてもらうだけで”悩みを1人で抱える必要がなくなる”からです。

むしろ解決しようとすると、味方のはずが敵に見えてしまい、コミュニケーションが取りづらくなります。

大事なのは「同じ目線に立っている」と感じさせることです。

そのために必要なのが、”相槌”と”共感”

解決をやめるだけで相槌と共感は自然と達成できますので、ぜひ実践してみてください!

わからないことは最後に質問する

人の話を聞く上で大切なこと3つ目が「わからないことは最後に質問する」です。

話の途中に質問を挟んでしまうと話してる人が不快な思いをします。

質問したいことを脳裏にとめておいて、最後に1つずつ聞いていくことでしっかり聞いてもらえていると相手は思います。

[実践編]話をうまく聞く上で心がけることとして大切なこと

通常の会話とSNSを通じた会話の2つでやり方が変わってきます。

ポイントをまとめると下記ようになります。
[通常会話の場合]
・「ウケるぅ」って心の中で言いながら相槌を打つ
・解決しない

[SNS会話の場合]
・(笑)や顔文字を積極的に使う
・共感と相づちを忘れない
・1~10まで理解しようとしない。

具体的にどうしたらいいのか、理由などは次で深堀りしていきます。

[考え方を変えるだけ!]日常会話で聞き上手になれる2つの方法

ここでは先ほどした下記の内容を深堀りしていきます。

[通常会話の場合]
・「ウケるぅ」って心の中で言いながら相槌を打つ
・解決しない

1.「ウケるぅって心の中で言いながら相槌を打つ」

は人の話をフラットに受け止めるためです。

それによっぽどな相談でない限りはそこまでちゃんと聞いてほしいとも思っていません。

むしろ、1週間後には忘れるつもりで聞くくらいでちょうど良かったりします。

2.「解決しない」
は言葉の通りで”人の話を解決しようとしない”ことです。

聞くだけしっかり聞いて、相談なら何が問題でどう解決したいかを一緒に考えてあげることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました